アメリカ保険3

アメリカでは家で亡くなる数が多いのに、日本は病院で亡くなる人が大半。最後は住み慣れた家で。。。

こんな内容のニュースを見たことはないだろうか?

アメリカ保険の1と2を読んだ方はお気づきだと思うが、アメリカでは病院や施設に居たくても保険やお金が続かないので居れない。

アメリカで亡くなっている人は、しかたなく家で頑張って介護生活をするしかない“アメリカ保険3” の続きを読む

アメリカの保険2

オバマケアでは保険を使う人達だけが打撃を受けたわけではありません。

オバマケアによって医療施設に入ってくる金額にも影響が出ていました。

オバマケアでの保険料報酬は、民間保険会社からの支払いが100%だとしたらオバマケアだと7~8割程度にしかなりません。病院やクリニックからしてみれば、オバマケア患者を取れば取るほど赤字になってしまう。払いが悪いわりに、患者に対しての提出レポートは恐ろしく増えるばかり。 “アメリカの保険2” の続きを読む

アメリカで医療保険

アメリカで働いていた時、保険のシステムは複雑で本当に何をするにも高い!イメージがありました。

実際自分でも、理解するのが難しく、毎月保険料を払っているのに医者や医療関係者とのアポイントメントではCo-pay(コペイ)と言うものを払う必要がありました。もちろん保険に入れないなど、保険を持たない人も多かったです。

膨らんだ医療保険請求金額のせいで、医療破産をする人が増えていると言うのは現場に居ても実感出来ていました。

実際オバマケアはどうだっのでしょうか?

“アメリカで医療保険” の続きを読む